a Secret method

業界人も驚く安さの秘密とは

当店は「パターンオーダー」です。

しかし、お客様には「ここまでオーダーできるんですね!」と良く驚かれる。

ディテールもしかり、サイズや補正まで。

きっと皆さまが思っている「フルオーダー」位選択肢があるのではないかと思う事もある。

私たち業界人が理解している「パターンオーダー」と皆様が漠然とイメージしている「パターンオーダー」はきっと違うものだろう。

一部のお店ではパターンオーダーをフルオーダーと謳っている所もありますが・・・

"パターン"すなわち"型紙"の意味。

当店では1種類ですが、2~3型用紙しているところもあります。トラッド型・ブリティッシュ型・イタリアン型等聞き覚えのある方も多いかと思います。

そのパターン(型紙)の中でのサイズが決まっておりS・M・LやYA・A・AB等のサイズの中で、幅や長さ(ウエストや丈)の出し・詰め寸が決まっており、調整幅が少ないためフィットさせる事が難しいという所と、イージーオーダーやフルオーダーに比べ融通が効かないというのが「パターンオーダー」のデメリットなのですが、比較的安価にオーダースーツを作ることができるというメリットもあります。

もちろんそれだけではなく、一般的ではないデザインや仕様に関しても融通が効きません。
たとえてみるならば・・・立ち襟・ノーカラー・ビックシルエットや芯地の種類や袖付け方法など。

そこまでこだわりがなければ十分対応できるオーダーとも言えるでしょう。

調整幅が少ないためフィットさせる事が難しいパターンオーダーですが、PiccoloのサイズパターンはS・M・Lの3~5パターンだけではなくジャケットで100パターン、パンツで270パターン、ベストで70パターン用意していますので、ほぼすべての体形をカバーすることでデメリットを打ち消しています。

また、ディテールに関しても長年の経験から皆様が希望するデザインを予め用意しておりますので、フィットしたサイズのパターンに組み合わせることができるようになっているため、オーダーする楽しみや個性を発揮することも可能です。

生地に関しても、数えることのできない位の生地からお選びいただく事ができますので予算次第ではありますが希望する生地に出会えること間違いありません。

ここまで安さの秘密どころか、原価がどんどん高くなる要因ばかりでしたがそろそろ秘密を明かします。

一つはパターンを簡略化し、システマティックにオーダーを簡潔させる仕組みを海外工場との連携により作り上げた事。

もう一つは実績による仕入れ値や、工賃を優遇していただいているという事。

簡単なことですが、努力や経験、実力や実績が伴わなければただの安いスーツにしかなりません。

CONTACT

LINEやお電話での、
ご予約・お問い合わせも受け付けています。